埼玉県さいたま市岩槻区東岩槻2-5-26 アライビル二階
048-793-6216(埼玉)
029-846-7899(茨城)

【屋根リフォーム新定番】シーガード工法とは

感謝されるサービスを

【屋根リフォーム新定番】シーガード工法とは

シーガード工法について

お問い合わせをいただくことが

多くなりました。

 

シーガード工法とは、

平板スレート屋根に強度の高い接着剤で

耐久性・対候性に優れた鋼板を

重ね張りする工法になります。

平板スレート屋根に

ビス止めなどの必要がありませんから、

既存の屋根を痛めずに

新しい屋根にリフレッシュさせることが

可能です。

 

ここでは

シーガード工法の特徴について

詳しくお伝えします。

 

また屋根に不具合があった際には、

ぜひ清嶋工務店にご相談ください。

 

屋根専門の職人がおりますので、

屋根の施工に強く安心して任せられます。

 

シーガード工法とは

シーガード工法は、

平板スレート屋根に強度の高い接着剤で

耐久性・対候性に優れた鋼板を

重ね張りして屋根をリフレッシュしていきます。

 

平板スレート屋根にビス止めなどの

必要がありませんから、

既存の屋根を痛めてしまう

心配がありません。

 

平板スレート屋根はどうしても

経年劣化していきますから、

塗装や重ね張りの必要性があります。

 

しかし塗装においては、

数年で劣化がみられますから

常に再塗装が必要になりますし、

劣化が激しい場合には

重ね張りをした際に

損傷させてしまうことがあります。

 

シーガード工法で施工した場合は、

コストパフォーマンスがよく、

貼りつける鋼板はとてもキレイで、

酸性雨や紫外線に強い特徴がありますので

このような心配をする必要がないのです。

 

出典:昭光通商株式会社

シーガード工法の3つの特徴

  • 既存の平板スレート屋根に貼り合わせていくだけの手軽さ
  • 穴を開けるなど大規模な工事不要なので雨漏りの心配もなし
  • コスパが良く耐久性に優れている

シーガード工法には3つの特徴があります。詳しくご説明していきましょう。

 

既存の平板スレート屋根に貼り合わせていくだけの手軽さ

シーガード工法は、

既存の平板スレート屋根に

強度の高い接着剤で

鋼板を貼り合わせていくだけですので、

とても手軽に施工することが可能です。

 

シーガード工法に活用されている鋼板は

とても薄いもので、

既存の平板スレート屋根に

ジャストフィットします。

 

そのため見た目の屋根の高さは

既存とまったく変わることはありませんし、

鋼板は見た目もきれいですから

美しくリフォームすることが可能です。

 

カバー工法と違いますから、

棟やケラバ部分など周辺部材の交換は不要です。

 

部分張りもできるので、

損傷がひどい箇所を優先にすることもできます。

 

穴を開けるなど大規模な工事不要

これまでの屋根の修理は葺き替え意外だと

カバー工法や塗装工事がメインでした。

しかし、カバー工法はビス留めの穴から、

塗装は塗膜のヒビなどから

雨漏りの心配がありました。

 

しかし、シーガード工法では、

既存の平板スレート屋根に

穴を開けてビス止めするようなことはなく、

専用の接着剤で鋼板を貼り合わせる工法です。

そのため生活を続けながら

屋根をリフレッシュさせることができますし、

穴を開けませんから

施工中、施工後の雨漏りを心配する必要もありません。

 

またこの専用の接着剤は、

建物の振動を低減させる制震の効果が高く、

音や熱を吸収し和らげる構造となっています。

 

屋根に負担をかけることがないので

安心した工法だといえるでしょう。

 

コスパが良く耐久性に優れている

シーガード工法で使用する鋼板は

ネオマット”といって

錆に強くなっていますから、

酸性雨や紫外線に強い構造になっています。

また、鋼板は国内工場で二回焼付ているので

いったん施工すれば、長期間塗装などを

行う必要はありません。

 

専用の接着剤は熱や音を吸収し

和らげる構造となっていますから、

コストパフォーマンスを考えた際に、

割高な遮熱効果が含まれた塗装に

するよりもお得だと言えます。

また、接着剤は関西国際空港の

外壁を貼るのにも使用されていて、

劣化しやすい海沿いの立地条件の中、

25年以上経過した今でも剥がれることなく

きれいにもっています。

既存の平板スレート屋根に

貼り合わせていく工法ですから、

工期が長引くようなこともありません。

 

シーガード工法の注意点

シーガード工法には

多くのメリットがありますので、

ご相談いただく機会も多くなりました。

 

とても手軽で屋根を

リフレッシュさせることができますし、

工期も短く耐久性もバツグンです。

 

注意点をお伝えしましょう。

 

シーガード工法は

平板スレート屋根に施工する工法ですが、

一部の屋根には対応できないものがあります。

 

シーガード工法に活用する

鋼板にあったサイズの屋根でなければ

設置することができないのです。

 

シーガード工法が可能かどうかは、

点検させていただくことで

判断することが可能です。

 

清嶋工務店では、必ず工事前に

現場調査で施工前の写真を撮って

ご説明させていただいておりますので

ご安心ください。

また、現場調査には一切費用はかかりません。

 

シーガード工法は清嶋工務店にご相談ください!

 

屋根の点検や修理でお悩みであれば、

ぜひ清嶋工務店にご相談ください。

 

シーガード工法についての

ご相談もお受けしております。

 

屋根専門の職人をかかえておりますので

施工には自信があります。

雨漏りの専門資格である

「雨漏り診断士」の有資格者もおりますので、

安心してご相談くさい。

 

自然災害による被害は火災保険の対象となり修理費が自己負担0円になることも

 

『風災・雹災・雪災』など

自然災害での被害であれば

火災保険を活用して

住宅を修繕することができます。

 

もちろんシーガード工法も

その対象となっております。

 

もちろん保険適用にならないような

損害でなければ保険申請は行いませんし、

調査費用等も必要にはなりません。

 

保険が適応できない損傷や

認定金額が工事費に満たない場合であっても

追加費用はかかりませんのでご安心ください。

 

清嶋工務店では

年間1000件を超える施工実績があります。

 

シーガード工法は施工に強い清嶋工務店にお任せください!

 

 

屋根の施工に強い施工会社ですので、

一貫してお任せ頂くことが可能です。

無理やり施工の契約を迫るようなことはありません。

 

あくまでお客様第一に考えていますので

ご安心ください。

 

工事代金は

「工事完了後」

になります。

 

お客様に施工箇所に

問題がないことを確認していただき、

ご納得していただいてから

工事代金をお支払いいただいております。

 

ぜひご安心頂いて

「清嶋工務店」にご相談ください!