埼玉県さいたま市岩槻区東岩槻2-5-26 アライビル二階
0120-966-084(代表番号)

1階の天井から雨漏りしてきた、その意外な原因3選

安心できるサービスを

1階の天井から雨漏りしてきた、その意外な原因3選

みなさんの家は雨漏りしたことはありますか?

 

雨漏りというと、

屋根に穴が開いていて、

雨が漏れてくるというイメージが多いと思いますが、

実は屋根以外の部分からの雨漏りも意外と多いです。

 

ここでは、そんな屋根(屋上)以外からの

雨漏りについて、

その原因と対策法をお教えします。

 

 

 

●意外と多い1階からの雨漏り

 

工務店で働いていると、

雨漏りの修理の依頼がよくきます。

 

そんな依頼の中で意外と多いのが、

2階建て以上の住宅での1階天井からの雨漏りです。

 

しかも、2階では雨漏りしていないので、

お客様自身もどこから雨漏りしているかわからず、

困って依頼してくることが多々あります。

 

 

●1階から雨漏りしている場合の原因

 

原因その1 外壁からの雨漏り

 

1階から雨漏りしている場合の原因で

もっとも多いのが外壁からの雨漏りです。

 

外壁から雨漏りなんてするの、って

思われるかもしれませんが、

外壁からの雨漏りは気づきにくく、

原因を個人で突き止めるのには

かなりの労力と時間が必要です。

 

風がなく、ほんとうに垂直に降る雨は

意外と少なくだいたいが風も吹いていて、

すこし角度があります。

 

そうなると、風向きによって

建物の外壁に雨が当たることになります。

 

外壁に当たった雨が、

壁の亀裂(クッラクといいます)から

家の内部に侵入してきます。

 

ばっちりと雨対策がされている

屋根や屋上に比べ、

外壁の防水層は薄いことが多く、

劣化などで亀裂があると

簡単に雨漏りしてしまう場合もあります。

 

風向きによって被害が変わるので、

雨の日でも日によって雨漏りしなかったり、

漏水箇所が違う場合は外壁から

漏れている場合が多いです。

 

 

原因その2 ベランダや下屋

 

一般的な住宅で、

もっとも構造区的に複雑な部分は

ベランダや下屋との接続部分です。

 

こういった部分は施工が難しく、

慎重に工事を行いますが、

それでも不具合が起こりやすい部分です。

 

また、地震や風による振動があった際に

ベランダや下屋との接続面で揺れ方が変わり、

損傷を生じやすい部分でもあります。

 

ぱっと見は問題がなくても、

なにか問題を生じていることがあり、

そこから漏水してくることがあります。

 

 

原因その3 シール回り

 

シーリングやコーキングと言われる、

建物の部材と部材をつなぎ合わせる

ゴムのような部材があります。

 

わかりやすい部分で言えば、

自宅の窓の回りを見てみてください。

 

ガラスとサッシ(窓枠)、

サッシと外壁の隙間に

弾力のある隙間を埋める

接着剤のようなものがあるはずです。

 

この部材はシーリングと言われており、

建物のいたるところで使われていますが、

木などの部材にくらべ劣化が早いです。

 

10年近く経過すると、

だんだんと固くなり弾力がなくなってきて、

亀裂が走るようになります。

 

こうなると、亀裂から水が侵入する場合があり、

雨漏りの原因になってしまいます。

 

窓の回りや換気扇のフード回り、

エアコンなどの配管回りに

使われていることが多く、

そういった部分から雨漏りしてくる可能性があります。

 

 

それでも原因がわかりにくいのが外壁からの雨漏り

 

ここまで、外壁からの雨漏りが原因で

主な要因である3つをご紹介しました。

 

ほとんどすべてがこのうちのどれかが原因です。

 

しかし、それでもはっきりと雨漏りの

原因場所を特定するのが困難なのが

外壁からの雨漏りです。

 

疑わしい場所があっても、

なかなか特定するのが難しいです。

 

と、いうのも建物の外壁の内側や床下部分は

点検口がある部分の回りくらいしか目視できず、

どうなっているかわからない場合が多いからです。

 

水は柱や梁を伝って、

意外と遠くまで移動するので、

雨漏りの原因の場所から

10mくらい離れた場所で

雨漏りが生じて

室内に水が落ちてくることもあります。

 

 

●やはり漏水していたら専門家に依頼を

 

雨漏りの原因は特定することが難しく、

専門的な知識と経験を持った人でも

はっきりとわからない場合があります。

 

それでも、疑わしい箇所を調べ、

つぶしていくことで、

最終的にはしっかりと雨漏りが止まることがほとんどです。

 

自分で直そうとすると、

余計に悪化させてしまったり、

無駄なお金と労力をかけてしまうこともあります。

 

また、一度止まったように見えても、

壁の裏側で漏れていて、

柱が腐ってしまったという事例もあります。

 

弊社には、

雨漏り診断士という有資格者も在籍しており、

しっかりとした調査のもと、

雨漏りに対応させていただいています。

 

点検だけでも効果的ですので、ぜひご依頼ください。

お問い合わせはこちらから