埼玉県さいたま市岩槻区東岩槻2-5-26 アライビル二階
0120-966-084(代表番号)

コーキングの劣化について

安心できるサービスを

コーキングの劣化について

コーキングって聞いたことありますか?

 

建材の一種なんですが、

ゴムのような弾力的な素材で、

建物や家具の隙間を埋める素材です。

 

別名、

シーリングやシールとも呼ばれることがあります。

 

そんなコーキングですが、

劣化してくると雨漏りなどの原因に

なることもあるんです。

 

ここではコーキングの劣化について説明します。

 

 

●コーキングとは

 

コーキング、シーリングとは、

簡単に説明すると、

目地に詰めて水漏れを防ぐ建材です。

 

みなさんの自宅でもいたるところに

使われています。

 

例えば、洗面所の流しと家の内壁の隙間。

 

ここに隙間が空いていると

洗面台から水が隙間に入り込んでしまいます。

 

ほかには、窓ガラスの隙間。

ガラスと窓枠には隙間がありますが、

これを塞いでいるゴムのような素材が

コーキングです。

 

コーキングは英語で”caulking”で、

隙間に詰める、水漏れを防ぐ、

という意味なんです。

 

 

●コーキングの寿命は長くても10年

 

コーキングの寿命は長くても10年と言われています。

 

コーキングにも種類があって、

なんの部材の隙間に詰めるかで

より相性のよい種類のコーキングを使います。

 

例えば、ガラス面にはガラス類によく接着する

シリコン系のコーキングを、

コンクリートの隙間には、

ウレタン系のコーキングを使う場合が多いです。

 

コーキングの種類や各商品の

グレードなどによっても違いますが、

どんなに長くても

コーキングの寿命は10年と言われています。

 

また、コーキングが使われている場所が

屋内なのか、屋外なのかでも寿命は違います。

 

 

●コーキングが劣化すると雨漏れの原因に

 

コーキングは水の侵入を防ぐために

隙間に充填すると言いましたよね?

 

と、言うことは、

コーキングが劣化し、性能が落ちてくると

漏水の原因になるんです。

 

コーキングの劣化には段階があり、

まずはやせ細ってきます。

 

徐々に弾力が無くなり、

カチカチに固くなってきて、

ひび割れが目立つようになります。

 

ひび割れがさらにひどくなると、

大きく穴が開いた状態になり、

こうなると完全に役に立ちません。

 

ひび割れが生じたあたりから、

水がじわじわ侵入するようになってきます。

 

 

●コーキングの改修方法

 

コーキングの改修は意外と簡単です。

まずは、カッターなどで切れ目を入れて、

古くなったコーキングをきれいに取り除きます。

 

次に、コーキングがきれいにできるように、

充填する隙間の両側にマスキングテープなどを貼り、

養生をします。

 

そうしたら、コーキングの裏にはめる

バックアップ材を挿入します。

(場所によりバックアップ材を使わない場所もあります)

 

そうしたら、いよいよコーキング材を

充填していきます。

 

チューブ状の商品がホームセンターでも

売っているので、対応している部材をのものを

買ってきて、流し込めばOKです。

 

最後に、ヘラなどできれいに整え、

養生を外せば完成です。

 

ホームセンターでも材料が手に入るため、

自宅のお風呂やキッチンなどの

水廻りのコーキングの改修を

日曜大工でやってしまう人も多いです。

 

しかし、職人のようにきれいに仕上げるには

熟練の技術が必要で、

なかなかきれいにできない場合がほとんどです。

 

きれいに仕上げたい、どの材を選んでいいか

よくわからないなど、不安がある場合は

プロに頼むのがいいでしょう。

 

 

●外壁のコーキング改修は外壁塗装とセットがお得

 

日曜大工でも可能と説明したコーキングの改修ですが、

プロでないと難しい部分があります。

 

それは、外壁です。

 

外壁の高い部分は足場を組まないと届かず、

高所作業は大変危険です。

 

自分でやる場合は、

あくまでも見た目を気にしない場所と

作業が危険でない場所のみにしましょう。

 

外壁のコーキングですが、

足場を組んでやるため、

外壁の塗装改修とセットで依頼すると

足場の設置が一回で済み、

大変お得です。

 

また、ほとんどのお宅が外壁改修に

コーキングの改修もセットで行っています。

 

外壁の塗装も寿命が10年程度である場合が多いので、

コーキングか外壁どちらかが劣化している場合、

もう一方も寿命が来ていることがほとんどです。

 

どちらか片方だけ改修しても、

そのすぐ後にもう一方の工事も

必要になる可能性が高いので、

外壁塗装とコーキングはセットで改修する、

と覚えておきましょう。

 

 

●当社でのコーキング改修の取り扱いとオススメ施工時期

 

当社では、外壁のひび割れや窓枠、

サッシのコーキングを施工しており、

外壁の改修とコーキングを同時に施工可能です。

 

実際にほとんどの方が同時施工を依頼しています。

 

実際の施工時期はお客様の都合により様々ですが、

おすすめは4月、5月です。

 

新年度の早い時期ですが、

梅雨前で、梅雨時期の雨漏れを防ぐことができます。

 

8月以降の台風シーズンも同様です。

 

冬は冬で、太陽が出ている時間が短いのに、

足場が設置されているのを嫌がる方は

結構多いです。

 

そんな理由から、

弊社では梅雨前の施工をおすすめしています。

 

ぜひお気軽にご相談ください!

お問い合わせはこちらから