埼玉県さいたま市岩槻区東岩槻2-5-26 アライビル二階
048-793-6216(埼玉)
029-846-7899(茨城)

【台風〇号】お家の対策方法

感謝されるサービスを

いま!

台風が来る前にしておくべき

家の点検をご案内いたします。

台風〇号に備えましょう。

 

台風〇号で影響を受けなかったお家でも

今回の〇号は最大級と言われるほどの

大きさなので注意が必要です。

 

強風が吹き始めてからだと危ないので

できれば早めに対策をとるようにしましょう。

それでは10点のチェックポイントです。

 

屋根

※高所となるので、点検が難しい場合は

無理をせず、目視でご確認ください。

 

屋根は色々な設備からできています。

その中でも、

・瓦

・トタン

・棟板金

・アンテナ

を重点的に点検してください。

割れたり、めくれたりしていないか。

また、テレビのアンテナも台風後は

問い合わせが多いので固定されているか

確認してください。

 

強風で欠けた部分が落下したり、

剥がれたものが飛ばされる恐れがあります。

 


 

雨どい

・砂や落ち葉で詰まっていないか

・留め具が緩んだり外れたりしていないか

雨を適切に排水させる役割の雨どいは

砂や落ち葉で詰まってしまうと

雨水が溜まって排水不良を起こします。

 

また、雨どいの留め具が緩んでいると

強風や雨の重みで外れてしまうことがあります。

 

雨どいが壊れてしまうと雨水が外壁や

屋根を通り地面に落ちて雨漏りや

家の基礎を腐食する原因になることが

あるので注意が必要です。

 


 

雨戸・シャッター

・隙間ができていないか

・ガタつきはないか

台風の日は風で物が飛んでくる可能性があるので

雨戸やシャッターがある所はすべて締め切りましょう。

雨戸やシャッターを閉めることで

飛散を防ぐだけでなく、

外の荒れている音を防ぐこともできます。

 


 

・ひび割れはしてないか

雨戸やシャッターのない窓は

飛来物によって窓が割れてしまうことがあるので

飛散を防ぐためにカーテンは閉めましょう。

ホームセンターなどでも買える

飛散防止シートを張ると万一の際にも

飛び散らないので安心できます。

 


 

カーポート

・ひび割れはないか

・穴が開いていないか

・支柱は曲がっていないか

車を守るためにあるカーポートですが、

パネルが外れて車を傷つけてしまうことがあります。

カーポートは大雪の影響で支柱が歪んだり

パネルが割れてしまったりします。

そうなると、強度は落ちてしまいます。

またパネルは軽いので風で飛ばされやすいです。

ガムテープで補強するなどして対策しましょう。

・ひび割れはないか
・穴が開いていないか
・支柱は曲がっていないか

 


 

ベランダ

・軽いものがないか

ベランダに物があるお家は要注意です。

物干し竿は固定されていない場合は

床に降ろして紐などでまとめてくくりましょう。

植木鉢や掃除用具などはできるだけ

室内へ運びましょう。

屋外に物を置かないだけでも

十分危険を予防することができます。

 


 

その他

・自転車の駐輪場所

自転車は強風で簡単に倒れるので

車の近くなどにおいてしまうと

倒れて傷つけてしまうので

あらかじめ安全な場所に倒しておくか

フェンスなどに固定するといいでしょう。

 

・プロパンガスの留め具